ころころと毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 成人式狂想曲

<<   作成日時 : 2006/12/03 18:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


マロが来年成人式です。もう誕生日は過ぎているので、お酒はすでに解禁なのですが、式をどうするか、が今年の課題でありました。

ヒロは自治体の成人式には参加しなかったし、着物も着なかったのです。当時はそんな気分ではなかったし、式に参加するといっても、地元に語らう友人もいなかったので、より、乗り気ではなかったのでした。今でもあまり後悔はしていません。

ですが、立場変わって準備してやる側に立つと、やはり通過儀礼、するべきことをしておかないと、どうも後々不完全感がぬぐえないように感じるのです。これは気休めなのだろうとは思いますが。
「ちゃんと、やるべきことはやったんだからね!(とりあえず、世間様にはこれで顔向けが出来ます的な)」

マロも乗り気ではありません。「めんどくさ〜い!」が本音でしょう。(準備するこちらも同様なのですが・・・)
とにかくも、「(最低)人並みには成人式の形を整える」を目的にプロジェクトはスタートしました。

とはいえ、ハードルは高い。まず着物をどうするか。これは呉服店からの案内状が山ほど届きました。レンタルか購入か。色はどんなものにするか。(結局えんじ系にしました。なんとなく最初からその色を頭に描いていたので。模様はもうちょっとモダンな方が良かったかなあ。)小物は・・・。全て選び終えるのに5時間以上かかりました。後半は疲れて店員さんに薦められるままって感じ。

それから、なんと現在は式当日の前に写真を先に撮ってしまうらしい。確かに式当日は忙しいしねえ。つまり2回ヘアメイクと着付けをするってことかぁ〜・・・
その「前撮り写真」と式当日の、ヘアメイクと着付けを写真館と美容院に予約し、撮影数日前に着物を持ち込み、先週何とか「前撮り写真」の撮影は終わったのでした。

当日は今にも雨が降り出しそうな日。撮影場所は渋谷だったので、帰りまで天気が持つかどうかが心配でした。渋谷を選んだわけは姉の「地元の美容院にやってもらったら、何だかあかぬけなくって・・・」のひと言が効きました。だからって渋谷でなくても良かったんだけれども他に適当なところがなくて。

結果は、メイクが「おお!ギャルメイクだあ〜!」でしたが、まあ無難にまとめてくれ(今は髪飾りも少ないし、あまり洋装の髪型と変わりないんですね。メイクも変わらない。)、着付けは帯結びが芸術的!でした。あんな堅い帯、どうやってこんなにしっかり結べるんだろう。「ふくら雀」に結ぶのかと思っていたら、もっと変形型。これも流行なのか。なにしろ知らないので、注文が出せない。

撮影は5人がかり、写真館で撮ると高いですが、人件費もかかっているし、仕方ないかも。
オブザーバーでついてきてくれた姉が、涙ぐんでいたのがちょっと嬉しかったです。自分は落ち度がないか必死で、あまり味わうゆとりがなかったので。

撮影後、姉二人と一緒に、ちょっと早いお祝いの食事会を済ませて帰宅してから雨が降り出しました。ホッ。

着物を着たことのない自分としては、着物の小物の名前から覚えたり、着付けの順序を勉強したり、本を見ながら着物をたたんだり(場所とるなあ)、日本人としての常識の無さを痛感。
それから、プロの技に感じ入りました。

どう頑張っても成人式の着物はその後の使いまわしは無理。後は卒業式しか着ないなぁ、と、思います。お金はかかったけれど、ま、それが儀式ってことなんだな。

あとは成人式当日だけ、準備終了。自分のしてやれることも、もうこれで終了かな。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成人式狂想曲 ころころと毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる